FXの納税をしないのはバレるの?

無意識の脱税に注意

FXで利益を得た場合にはその利益は雑所得と言う扱いになるため、基本的には確定申告を行い所得税を納税しなければなりません。

これを怠った場合には脱税と言う扱いになってしまうほか、発覚した段階で罰金を含め多額の税金を納税しなければいけないことになるので注意が必要です。

しかし、会社で所得税を納めている人の多くは会社側でその税額を申告しているため、所得税は給与の範囲で納税されていることになっており、FXで得た利益については確定申告をしなければばれないと思っている人も少なくありません。会社側にFXを行っていることを言っていなければ利益を得ていることをわからないと思っている人が多いものですが、実際には様々なところからその疑いが生まれてしまうものです。

税務署は所得の割合に高価なものを購入しているとか、様々な環境の変化を見逃さずに調査を行っています。さらに最近ではマイナンバーで銀行預金等を管理しようと言う動きも強まっており、その取引状況と課税状況を確認することで簡単に収入の全額をチェックすることができるようになります。

このことから、 FXで利益を得た場合、しっかりと確定申告を行って必要な納税を済ませておかないと大きなトラブルに発展してしまうことが多いので注意が必要です。

FXと会社の給与、納税しなければいけない範囲は?

基本的には所得税としてはFXで得た利益についても雑所得として申告し、納税を行わなければいけないことになっています。
そのため、会社に勤めて会社から所得税を払っている人であっても、 FXで得た利益については別途確定申告を行い、納税をしなければいけないことになります。

ただし確定申告を行うことで、所得や過去に納税した履歴などを精査し必要があれば相殺することになるので、その納税額は最終的にはそれぞれ変わるものです。
そのため、 FXなどで給料以外に利益を得た場合にはその内容について確定申告を行うことが必要です。

FXで得た利益について確定申告を行う場合には、その利益を得るためにかかった経費も合わせて申告することで、必要経費と認められる場合も少なくありません。

FXで換金する際の換金手数料や海外で行っていた場合の自らが負担した通貨の交換に関する交換手数料等は必要経費として認められることも多いため、これらをしっかりと申告することでその経費については非課税となる可能性もあるのです。

FXは資金を預けることで勝手に預金高が増えてくる場合もあります
また多くのサラリーマンでは会社が税金の申告を行うため、 FXの所得分を申告しないことも少なくありません。

しかしこれは悪質な脱税と取られる可能性があるので、しっかりと確定申告を行うことが大切です。